監査の種類|比較すればわかる!決算処理作業はワークフローシステムが早い
オフィス

比較すればわかる!決算処理作業はワークフローシステムが早い

このエントリーをはてなブックマークに追加

監査の種類

複数の人

会社内では規律や社内方針、社内規制、法的義務など様々な規則を適切に守る必要が有ります。これは法治国家である日本で会社を運営する以上しかたがないことで、これを適切に守っていることで日本の社会生活が保たれているといってもいいでしょう。しかしながら、これら規則を守るというのは非常に難しいものでも有ります。会社を運営しているのはまだまだ人間です。ヒューマンエラーを起こす時もあれば、知らず知らずに規則を破っていることもあるわけです。これらの状況を発見し、改善に努めるよう報告するのに監査役という職業があります。監査役とは監査を行なう方たちで、社内が適切な規則を守っているかの調査を行います。

監査といってもその種類には様々あり、大きく分けて2種類存在します。まずは会社が自前で監査役を揃えて監査を行なう内部監査です。この内部監査の特徴は主に社内の規則や法令を守っているかを会社内で調査し、報告から改善までをおこなうことです。基本的に監査役を揃えることが出来る会社であれば可能なため、多くの大企業で行われています。全て自社で完結する内部監査に対して外部の専門機関に依頼して行ってもらうものが外部監査です。専門家によって法令を重点的に調査が行われ、調査結果が報告されます。調査結果は利害関係者に通知され、場合によっては法的処置が取られることも有ります。そのため依頼する時は会社にとっては非常に緊張するものであり、時には依頼ではなく抜き打ちで調査されることも有ります。