外部に委託する|比較すればわかる!決算処理作業はワークフローシステムが早い
オフィス

比較すればわかる!決算処理作業はワークフローシステムが早い

このエントリーをはてなブックマークに追加

外部に委託する

スーツの男性

企業経営の中で、内部の不正を暴くために行われるのが内部監査です。内部監査は、通常企業の内部に独立性の保たれた機関を設置し、その機関が独自の目線で業務に関する視察やデータの閲覧を行います。内部監査を行う上で一番重要なことは、独立性の確保だと言えます。企業によっては、内部監査と同様の業務を総務が行う場合があります。しかし、肝心の総務がその不正に加担していた場合、不正を防ぐことはできません。そのため、内部監査を行う部署は、独立性を保つことが最低限必要な条件とされているのです。

内部監査は企業内に機関を設けて行うことが一般的でしたが、近年では内部監査を外部に委託する企業も多く見受けられるようになりました。それは、外部に委託することに様々なメリットが存在しているからです。外部監査を委託することの一番のメリットが独立性の確保です。社内とは全く関係のない外部の人間が業務を行うので、癒着などが起きるリスクを格段に減らすことができます。独立性を確保することで、安心して結果を受け入れることが出来るのです。また、外部に委託することにより、監査を行う人員を育てる必要がありません。人員の教育には非常にコストと時間がかかってしまうため、瞬時にプロに依頼できる外部委託は非常に便利な方法といえるでしょう。外部委託の場合、通常の社員ではないため、企業内の業務遂行に支障をきたす心配がありません。いつもどおりの業務をしながら監査を行えることが、最大のメリットと言えるでしょう。プロによる監査を委託する企業は近年増加しています。企業の負担を減らし、安心して結果を受け入れられるWin-Winの手段が外部委託なのです。