監査役とは|決算処理作業を早めるにはワークフローシステムが役立つ!
オフィス

決算処理作業を早めるにはワークフローシステムが役立つ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

監査役とは

メンズ

何事においても第三者がチェックするというのは非常に大事で、規模が大きくなればなるほど重要な意味を持つことになります。特に社会生活ではこのチェック作業というのは常に行われていて、例えば会社でいえばこのチェックを監査役という職業の方が行います。監査という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。監査とは会社における社内規程や法令といった、守らなければならないことを守って適切に行っているかチェックし、またそのチェックから評価を出す第三者期間です。監査を自社で構えている会社もあればアウトソーシングしている場合もあります。どちらにも言えるのは監査とは適切な評価ができる方たちのみが行なうべきで、そうでない場合はそもそも監査の意味がなくなります。そういう意味でも監査役は重要な位置にいます。

会社というのは様々な部署で出来ています。それぞれの部署が最適な仕事を行なうことで、会社は成長していきます。そのため社内管理というのは非常に重要で、人事を始め部署調査などは日々行われているものです。例えば総務といえばお金を管理する部署です。お金の他に様々な社内に関することを取り扱い、会社によっては庶務もこなす場合もあります。総務が行なう仕事の一つに、経費の計算及び管理などが有ります。会社に努めていたことがある方は一度は経費を総務に提出したことがある方もいるでしょう。このように会社は様々な部署によって成り立っています。