笑顔の人たち

決算処理作業を早めるにはワークフローシステムが役立つ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

外部に委託する

スーツの男性

内部監査は内部に機関を設けて社内で行うものと思う方もいますが、近年は外部に委託する企業も増えています。監査を委託することで、業務に支障をきたすことなくクリーンな監査結果を得ることができます。

Read More

監査の種類

複数の人

監査には大きく2種類に分けることが出来、自前で監査を行なう内部監査と専門機関に依頼して行なう外部監査が存在します。どちらも調査には変わりはないですが重要とする点が若干変わってきます。

Read More

監査役とは

メンズ

監査とは法令や規定といった規則を最適に守っているかを調査する行為のことで、専門機関が行う場合もあれば、自前で行なう場合もあります。監査は透明性を維持するのに非常に大切です。

Read More

社内決済処理の迅速化には

男女

企業ではあらゆるものが社内決済によって、上司承認されますが、その行為を効率化することが求められており、この分野でもIT化が進んでいます。 この社内決済業務をIT化したものが、ワークフローと呼ばれる仕組みになっており、企業の基幹システムの一つとして利用されています。 ワークフローは、社内決済の仕組みを整理し、流れを作成することで、申請者が申請書をそのシステムにて登録することで申請が進みます。 上位決済者はそのワークフローシステムで回ってきた申請書を確認後、承認することで、更に上位の方に申請が回る仕組みです。 このようにIT化によって社内承認システムが迅速化されることに繋がりますので、ワークフローシステムも重要な仕組みとして利用されているのです。

社内稟議をIT化する、所謂ワークフローシステムは、大企業はもちろん中小の企業でも人気を集めているシステムになります。 その人気の秘密としては、やはり社内申請の透明化、IT業界では見える化などとも言われることが実現できる点です。 さらにクラウド技術を利用することで、出張先でも承認作業ができることになりますので、稟議自体のスピード化にも繋がります。 クラウド技術を利用するもうひとつのメリットは、稟議という重要なシステムを常にバックアップできるということです。 これにより災害時などでも、クラウドのメリットである事業を継続して行うことが実現できるので、稟議もその中に含まれるのです。 このようにワークフローシステムは、クラウドの技術も取り込むことで、更に魅力的なシステムとして、人気を集めているのです。